歴史、戦争、クラウゼヴィッツ(Geschichte, Krieg, Clausewitz)

研究(歴史学、軍事史、クラウゼヴィッツ)のことを中心に更新していきます。

「日本におけるドイツ軍事議論の受容 1900-1945年 最新文献の受容を中心として」

軍社研の報告と間がないのですが、クラウゼヴィッツ学会でも報告します。
こちらは明治から昭和にかけて、同時代の最新のドイツの軍事文献がどのように受容されていたのかを扱います。

2018年11月度研究会のお知らせ
2018年11月21日(水)19:00~21:00(含む質疑応答)
場所:日本学士会館3階310号室
最寄駅:地下鉄神保町駅下車5分
東京メトロ半蔵門線都営三田線新宿線
千代田区神田錦町3-2-28 TEL:03‐3292‐5936
講師:中島 浩貴 氏 (東京電機大学講師、博士(学術)・当会理事)
テーマ: 「日本におけるドイツ軍事議論の受容 1900-1945年 最新文献の受容を中心として」
参加費 会員 1,500円 非会員 2,000円