歴史、戦争、クラウゼヴィッツ(Geschichte, Krieg, Clausewitz)

研究(歴史学、軍事史、クラウゼヴィッツ)のことを中心に更新していきます。

日本クラウゼヴィッツ学会研究大会 2018年

2010年から継続してまいりました10月のクラウゼヴィッツ学会シンポジウムも、本年よりさらなる拡大を目指して、研究大会と銘打つことになりました。クラウゼヴィッツ、戦略研究、軍事史など、広域にわたる研究大会となります。お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。
日時:2018年10月20日土曜日13時―18時
会場:東京電機大学千住キャンパス5号館2階5204教室 北千住駅東口徒歩1分
(一号館を外から大階段で二階に上がり、直進した五号館二階の自動ドア右奥となります。)
https://www.dendai.ac.jp/access/tokyo_senju.html
●タイムスケジュール
全体司会:中島浩貴(当会理事、東京電機大学講師)
開会あいさつ 
宮地 忍(元名古屋文理大学教授、当会理事)13:00-13:10
1.基調講演(13:10-14:00)
奥山真司(国際地政学研究所上席研究員、当学会副会長代理)「コリン・グレイとクラウゼヴィッツ
2.若手による研究報告(14:05-15:05)報告25分×2、質疑応答10分、休憩5分
司会:西田陽一(株・陽雄 代表取締役自衛隊幹部学校講師、当会理事)
鮫島玄樹(早稲田大学学生)「中国の原始宗教組織と戦乱の関係」(仮)
川瀬佑眞(明治大学大学院博士前期課程)「日本海軍の宣伝活動?――艦艇見学を中心に」
3.現代の戦略とサイバーセキュリティ(15:10-16:10)報告25分×2、質疑応答10分、休憩10分 
司会:宮地 忍
出口雅史(中央大学大学院博士後期課程)「国家安全保障としてのサイバーセキュリティ
――サイバ-抑止戦略を中心に」
部谷直亮(慶応義塾大学SFC研究所上席所員)「サイバーセキュリティにおける『新しい中世』」
4.新しい軍事史(16:20-17:50)報告35分×2、質疑応答20分 
司会:古池典久(当会会員)
中島浩貴「新しい軍事史クラウゼヴィッツ
柳原伸洋(東京女子大学准教授)「第一次世界大戦と空襲 『新しい軍事史』を踏まえて」
18時終了予定 以降、懇親会へ
参加費:会員・学生 1000円 一般2000円。
※当日は『クラウゼヴィッツ学会会報』第18号、2018年版の配布(会員のみ無償)、一般販売(1000円)も行います。
懇親会:参加費3000円を予定。
※参加希望者は10月14日日曜日20時までに、下記の情報をクラウゼヴィッツ学会事務局までご連絡ください。宛先: kozuka.euro@nifty.com 小塚 賢(理事・事務局長)
氏名(           )
ご所属など(                     )
連絡先(メール、電話) (       @       /            )
大会(会員・学生1000円/一般2000円)   参加 〇/× (   )
懇親会参加(3000円)            参加 〇/× (   )