歴史、戦争、クラウゼヴィッツ(Geschichte, Krieg, Clausewitz)

研究(歴史学、軍事史、クラウゼヴィッツ)のことを中心に更新していきます。

2018年度日本クラウゼヴィッツ学会特別講演会 「日本の安全保障とグローバル・コモンズの確保」

www.clausewitz-jp.com

半島情勢の流動化にともない、日本の安全保障の基盤も再度点検する必要性が出てきました。当学会では従来も月例研究会の中で折々時事的なテーマを取り上げ研究を深めてきましたが、クラウゼヴィッツの戦略論を学ぶ一環として、今年度から、年に一度外部の専門家をお招きして、特別講演会としてパネル・ディスカッション形式で勉強する機会を持つことに致しました。参加者の方々からの活発な質疑も歓迎致しますので皆さん奮ってご参加ください。
日本クラウゼヴィッツ学会特別講演会

日時:2018年6月30日(土)15時00分~17時00分(開場14時30分)
会場:文京学院大学S705教室(本郷キャンパス新S館7階)
(最寄駅:東京メトロ南北線東大前下車・改札前エレベーター搭乗・地上左側徒歩1分)
参加費ː会員/学生1000円一般1500円
申込先:日本クラウゼヴィッツ学会事務局kozuka.euro@nifty.com(090-1792-5864小塚)

※お申込に際しては、次の事項をご記入下さい。・名前・会員/非会員・メルアド・住所
プログラム:

(1)問題提起:「我が国が直面する安全保障上の課題」
山口昇先生(15時00分~15時10分)
(日本クラウゼヴィッツ学会会長・笹川平和財団参与)

(2)「極東ロシア軍の軍事動向」
講師:小泉悠先生(15時10分~15時40分)
(未来工学研究所研究員)

(3)「トランプ政権の迷走と日本に求められるインド・太平洋戦略」
講師:渡部恒雄先生(15時40分~16時10分)
笹川平和財団上席研究員)

~休憩10分~

(4)パネル討論:山口昇先生(モデレーター)他(16時20分~16時40分)

(5)質疑応答(16時40分〜17時00分)